仕事ではスキルアップすることはできるの?

業務の経験値こそが財産

仕事をする上でスキルアップするためには実務経験を重ねることが重要です。
どれだけノウハウを勉強してもそれは基本的な基礎知識です。実際に働き出すとわかりますが、業務では想定外の問題が起こります。想定外の問題をしっかり解決し、あらかじめ予防出来る能力もビジネススキルの1つです。これを身につけるためには少しでも多くの実戦経験を積み重ねる必要があります。
目標を設定し、達成するごとにスキルアップします。するとさらに新たな課題や自分の逆転が見つかりますよね。これを繰り返すことで、その分野でのプロフェッショナルに到達できますよ。毎日の業務に慣れてしまっても惰性にならず、自分なりに効率を良くする方法を考えて下さい。

失敗することで身に付くノウハウ

経験を積み重ねる度に、ついつい失敗を恐れがちになります。失敗しなければそれだけ良いことですが、失敗してもできる限りポジティブに考えて下さい。
誰でも初めは初心者でスムーズに仕事をこなせません。それがゆえに失敗も多くなります。しかし、失敗をすることで多くのことが学べるのも事実ですよね。どうして失敗したのかをしっかりと研究し、次の仕事に生かすことで少しづつ成長していきます。
時には先輩や上司に相談して、これから自分に何が必要なのかを相談してみることも大切です。自分の仕事ぶりを一番近くで見ている方のアドバイスはとても参考になりますよ。
そして焦りは禁物です。常に自分を客観視することで問題点が明確になります。焦らずにゆっくりとスキルアップしていくように心がけて下さいね。